SE転職フェスティバリズム

システムエンジニアとしての転職と経歴について

SE転職フェスティバリズム
■HOME >> システムエンジニアとしての転職と経歴について

システムエンジニアとしての転職と経歴について

システムエンジニアとして転職をする際に、経歴をどういったところまで説明するのかというのは悩ましい部分でもあります。

守秘義務があるからと、隠してばかりだとそれはスキル開示になりませんから、どうぞお引き取り下さいとばかりに履歴書をその場で返却されるということもまたあるかもしれません。

どういう業務プロジェクトでどんな開発プロジェクトを経験してきて、それによって、業務ではどういうも成果が得られることができたのかや、その後は自分のキャリアがどう変わったのかなどの、記載を入れることで、人事の担当者の目に留まる確率が上がるのは間違いありません。
上手な履歴書について何だかわからないという人もいるのではないかと思いますが、最近はネットを使って履歴書の書き方の模範なども見つけることは難しくありませんので、良い部分を参考にして実際に履歴書を作成するといいことだと思います。さて退職のタイミングですが、エンジニア転職活動は今の職を辞める前に行って、エンジニア転職先が決定してから、辞職するのが理想でしょう。

退職してからの方が時間に余裕が持てますし、時間をおかないで働くことができますが、すぐにプログラマー転職先が決まらない場合もあります。職の無い期間が半年を超えてしまうと、さらに就職先が決まりづらくなりますから、SE転職先のことを考えずに今の開発プロジェクトを辞めないことをお勧めします。

思い付きで異業種へのエンジニア転職をしようとしても、SE転職先がなかなかみつからないことがあるでしょう。貴方が転職希望者であり、もし若いのであれば経験がなくても受け入れてもらえるチャンスはいくばくかありますが、四十路に差し掛かっているような人々はより低い成功率でしょう。

しかし、猫の手も借りたいような業種もそれなりにありますからあまりいい労働条件のところは見つからないでしょうが晴れて転職希望者からSE転職者となるかもしれませんね。それともう一つ、ただ大きな会社に入社することを目指しても基本的に通らないでしょう。
なので、業界を明確にしたうえでどの会社で何を目指して働くのかをしっかり持ってください。

一流会社で働きたい、そのためには自分と他人の違いを明らかにできる人が有利になるのは分かりますよね。

自己を分析することを欠かさず、自分が入りたいと思っている会社が自分の希望に沿っているのかもう一度考え直すことがあってもよいでしょう。

SE転職フェスティバリズム

SE転職フェスティバリズム
Copyright (C) 2014 SE転職フェスティバリズム All Rights Reserved.