SE転職フェスティバリズム

エンジニアの転職と採用について

SE転職フェスティバリズム
■HOME >> エンジニアの転職と採用について

エンジニアの転職と採用について

会社によってエンジニアSE転職者を募集する時期はさまざまともいえ、社員の増減や異動が激しい新年度すぎにキャリア入社組の採用意欲の高まる雇い口もありますので募集情報には油断しないことです。

気にならない人はいないと思いますが年齢に関する制限について。
20代なら問題なく転身先で安定した職場の社員になるのはよく聞きます。じゃあ、40歳間近にもなってやる意義があるのか不安かもしれません。

いろいろと確認してみると、30代、40代であっても公務員という仕事を目指す人向けの受験は開催されています。だから、くじけることなく試験を克服すれば、目標達成まであと少しです。転職理由は、書類選考やスキルアピールの際に大変重要なことです。

相手を味方につける理由がなくては評価が落ちます。
でも、プログラマー転職したい理由を質問されても理解してもらう答え方がわからない人も多いでしょう。多くの人が、履歴書を書いたり、スキルアピールをしたりする時に、この転職理由が苦労の元となります。

辞める理由が長時間労働だという場合は「生産性の高い仕事が希望」、辞めた理由が仕事にやりがいを感じないという場合は「環境を変えることで自分を成長させたい」とすれば受ける感じは悪くはないでしょう。

否定的な転職理由も言いかえれば、肯定的なものになります。

履歴書には150文字から200文字程度にするようにします。どのような転職する理由がふさわしいかというと、まず、本気でエンジニア転職したくなった理由を振り返ってください。

考えた通りに話す必要はないので、好きなようにノートに文字で表しましょう。
そして、それがネガティブに受け取られないように言葉の使い方を変更してください。
長々とSE転職の理由が続くと潔くないので、長くなりすぎないようにしましょう。

長々と書き記すというのは、人によっては丁寧に書いてるなという印象を受けるものの、それ以上に、「要領を得ない」と判断されて不利になってしまう可能性というものも結構あるのです。

マイナス評価が多くなれば、転職がしにくくなるのはいうまでもありませんから、SE転職でまず大事なことは、要領を得て的確に説明して行くことなのです。

SE転職フェスティバリズム

SE転職フェスティバリズム
Copyright (C) 2014 SE転職フェスティバリズム All Rights Reserved.