SE転職フェスティバリズム

SEとして転職する際に重要なこと

SE転職フェスティバリズム
■HOME >> SEとして転職する際に重要なこと

SEとして転職する際に重要なこと

SEとして転職する際の志望動機で重要なことは、その仕事に対する積極性が感じられるポジティブな内容になります。どんなにいいことを言っていても、その内容がネガティブに終始する内容ならば、それはクソを拭く紙にも劣るということになります。逆にポジティブな内容であれあば、その内容に下駄をはかせた評価を得られること間違いありません。

それほどに、ポジティブなSEというのは重宝されるのです。それはITの現場がネガティブな雰囲気に包まれやすいということも影響しているのかもしれませんが、そんなことはどうでもよいことです。気になるようでしたら、紙に包んでゴミ箱に捨ててしまえばよいことです。

そういうことを考えるぐらいならば、Javaのコードの1つや2つ、勉強をした方がずっと良いでしょう。Javaとはいわず、VBAでも良いかもしれません。

より成長につながりそうだとか、これまで習得してきた専門知識や技術を活かすことができそうというようなやる気を感じさせるような志望動機を考えてみてください。

できるだけ、その企業の特長に合った志望動機をまとめることが望ましいと考えられます。
ですから、ホームページ等で十分な下調べを行うことが重要でしょう。

エンジニア転職をするときに求められる業界開発スキルというのは、専門職でなければ、それほど多くないようですが、所有している資格が有利に働くということでは、やはり、国家業界開発スキルが有利なようです。それと、建築、土木関係の場合、建築士などに代表される「業務独占資格」と言われる、該当の業界開発スキルを有していないと実際に働けないという開発プロジェクトも多いため、狙い目と言えるかもしれません。同業他社がいくつもあるのになぜ当社を選択したのかという出願理由を聞かないインタビュアーはいないはずで、適切に返答できるように前もって備えが必要です。

会社によって転職者を選考するチャンスは一概には言えず、5月から6月にかけて新人の退職が増える時期に合わせて中途採用者の募集を始める企業もないわけではないので求人のデータベースには見逃さないようにすることです。飲食業界から全く違う種類の職に就くのは厳しいです。飲食業界の労働条件ではものすごくたいへんな思いをせざるを得ない働かされるということが多々あり、将来を不安に思って開発プロジェクトを変えたいと希望する人も多いです。

寝込むようなことになってしまったらますます新しい仕事に就くハードルは上がってしまいますから、早め早めの転職活動を心掛けましょう。
違う開発プロジェクトに職を変えるのは困難であるというイメージが強いですが、実態はどうなのでしょうか?結論をいうなら、これまでと違う業種に就くのは簡単ではありません。

SE転職フェスティバリズム

SE転職フェスティバリズム
Copyright (C) 2014 SE転職フェスティバリズム All Rights Reserved.